ぽっこりお腹もキレイに隠せる!バレない体型カバーコーディネート

こんにちは!ぽっこりお腹でお悩み中のショップ店員sieです。

何がどうなってこんなところにお肉がついたのか、、、謎が深まるばかりの毎日ですが、そんなぽっこりお腹もバレずにキレイに隠せる体型カバーコーディネートをご紹介していきます!

スポンサードリンク

ぽっこりお腹が隠せる体型カバーコーデとは?

チュニック・ワンピース

まず、簡単なのは、チュニックやワンピースです。

着丈の長いものだと、体型を丸々カバーしてくれるので、コーディネートも悩まず楽ちんに着ることが出来ます。

 

体型カバーのポイントとしては、デザインや素材に注意していきましょう。

 

ぽっこりお腹さんの1番の天敵はフィット感です。

 

これから冬に向けて出てくるニット素材には要注意!

いくらオシャレをしても、ぽっこりお腹が目立ってしまっては、せっかくのコーディネートが台無しです。

 

ゆったりニットで体にフィットしないものなら大丈夫ですが、ニットは体全体が大きく見える傾向があるので、避けたほうが良いでしょう。

 

そんなこといってもニットワンピは可愛いので着たくなりますよね!

 

そんなときは、糸が細く、編み目の細かいもの(ハイゲージニット)をチョイスしましょう。

体のボリューム感が抑えられ、スッキリと着こなす事ができますよ。

 

 

デザインやシルエットについては、

  • Aライン(フレア)のシルエットのもの
  • ウエストが絞られていないもの
  • 裾が少しすぼまっているデザイン(コクーン)のもの

をポイントにして選んでいきましょう。

 

 

Aラインのものは、裾に向かって広くなっていくデザインなので、お腹周りを丸々カバーできます。

更には、裾幅が広いことで、上半身を華奢にみせてくれます♪

 

チュニックやワンピースでウエストが絞られているものは、よりお腹が出て見えてしまうので、絞られていないデザインの物を選びましょう。

 

胸下やハイウエストなど、高い位置に絞りが入っているのであれば、ぽっこりお腹はカバーできます。

しかし、高い位置だと胸が強調されてしまうため、胸の大きい人は要注意です。

 

 

Aライン、フレアの可愛らしいタイプが苦手な人は、裾がすぼまったコクーンのデザインのものをチョイスしましょう。

お腹をカバーしつつ、スッキリと見せてくれます。

 

私も可愛らしいタイプが苦手なので、コクーンタイプや、まっすぐのストレートタイプを愛用しています。

ぽっこりお腹をカバーしてくれる安心感から、気分も体もゆるくなっていってる気もしますが。。。(笑)

スポンサードリンク

まとめ

今回は、ぽっこりお腹もキレイに隠せる!バレない体型カバーコーディネートでした!

ハリ感がある素材のものや、落ち感のある素材のもの、素材によって見え方が全く変わってきます。

柄物だったり、色が濃いものでもごまかす事ができちゃいますよ。

自分にあった細見えスタイルを発見していきましょう!

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です