胸が大きくても太って見えない!すっきりコーディネートで体型カバー

こんにちは!ショップ店員のsieです。

今回は、胸が大きくても太って見えない!すっきりコーディネートで体型カバーですね。

胸が大きくて悩んでいるなんて、贅沢な悩みと思われるかもしれませんが、意外とたくさんの方が深刻に悩んでいます。

胸を小さくすることはなかなか難しい問題なので、少しでも胸が目立たないコーディネートをご紹介していきます!

スポンサードリンク

胸が大きくても太って見えない、スッキリ見えるデザインのものを把握しよう!

胸が大きいと、シャツのボタンがとまらなかったり、胸に取られて着丈が短くなってしまったり、何より太って見えるというのが大きな悩みになります。

 

どんなものが胸をカバーしつつスッキリと見えるデザインなのか、それを把握することで悩みを解消していきましょう。

 

胸を大きく見せないためには、胸を強調するデザインのものは避けるということがポイントです。

ウエストや胸下にゴムが入ったデザインのものは、細い部分を強調することで胸がより大きくみえてしまうので、避けたほうが良いでしょう。

前がしまらないシャツはテクニックでカバー!

シャツのサイズを選ぶときは肩幅ではなく、胸が入るサイズを選びましょう。

胸に合わせると、胸以外はゆったりサイズになってしまいますよね。

 

 

自分にあったサイズにするために、ここからテクニックを使っていきます!

  1. はじめに手首を見せるために袖をロールアップしていきます。これだけでスッキリ感がでます。
  2. 更には胸元深めにボタンを開けて、スッキリ見えるVネックのラインを作っていきます。
  3. Vネックが出来たら、襟を後ろに抜きましょう。襟を後ろに抜くことで肩幅が小さく見え、上半身が華奢に見えます。
  4. まだすっきり感が足りない時は、裾のボタンを2~3個外し、腰あたりで裾を結びましょう。ウエストの細い部分で結んでしまうと胸が強調されるので、腰で結ぶのがポイントです。

私がショップで実際に使っているテクニックなのですが、丈の長めのシャツでも出来、好みの着丈に調節できます。

 

 

上半身をコンパクトにまとめる事ができるので、ボリュームのあるボトムとも相性抜群です。

お客様にとても喜ばれているテクニックなので、是非試してみてください!

 

首まわりをスッキリさせる!

Vネック、ボートネック、丸首など、首のあきが広めのデザインを選びましょう。

首の細い部分や鎖骨を見せることで、太っていないことをアピールできます。

 

NGなのは、タートルネックやハイネックの首を隠してしまうものです。

 

寒がりだから首のあるもの着たい!という人は、タートルネックでも、ピッタリしないオフタートルのものを選びましょう。

 

オフタートルは、スヌード(筒状になっているスカーフ、マフラー)をつけている印象になるので、首もとをスッキリ見せつつ小顔効果もあります。

これなら首が寒いのも防げますよ。

袖にボリューム+手首見せでスッキリ!

パフスリーブやドルマンスリーブなど、袖にデザインがあるのも目を引くのでおすすめです。

 

気をつける点は、手首を見せるという点です。

 

胸がうまく隠せても、袖にもボリュームが出てしまうと上半身がかなり大きく見えてしまうので、長袖ではなく手首が見える袖丈の物を選びましょう。

 

寒い時は、手首がピッタリめの長袖のインナーを合わせれば、細い手首を見せつつ寒さ対策もバッチリです!

柄を使って目の錯覚を利用する!

色合いや、濃淡のハッキリした柄物も、目の錯覚で体型をカバーしてくれるのでおすすめです。

 

ボーダーのような揃っている柄は、胸の部分がフィットして柄が広がってしまうと余計に目立ってしまうので、柄の並びがランダムなものが良いでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、胸が大きくても太って見えない!すっきりコーディネートで体型カバーのご紹介でした!

トップスを暗い色にしてスッキリ効果を狙うのもありですね!

お悩みを解消してファッションを楽しんでいきましょう!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です