40代!より若く上品に見られるレディースコーディネート術とは?

こんにちは!ショップ店員のsieです。

レディースからミセスに変わる途中の40代。

そんな色々な変化についていけない40代の方がとても多く、40代ならではのお悩みをよく頂きます。

  • 40代になり体型が変わって今までの洋服が着れなくなった。
  • 今まで似合っていた服が似合わなくなった。
  • トレンドの洋服(若い子が着てる服)を着たいけど、若作りしてるように見られたくない。
  • ミセス感が出るから、まだミセスの洋服屋では買いたくない。
  • 年相応のコーディネートで上品にみられたい。

などなど他にもたくさんありますが、今回はこれらのお悩みを解決していきたいと思います!

スポンサードリンク

40代!より若く上品に見られるには?

若く見られるには自分に合った色選び!

30代~40代になると、お肌の変化も出てきます。

たるんできた、くすんできた、、、現実逃避したくなるお悩みがどんどん出てきます。

当然、お肌の調子が変わってくると、今まで当たり前のように似合っていた洋服の色も似合わなくなってきてしまいます。

 

そんな時はシンプルに、今現在のお肌に似合う色を見つける事が、お悩み解決への近道です。

え~わからない、面倒臭い、と聞こえてきそうですが、、、(笑)

 

実際に洋服を合わせる事で、色によって顔の映え具合が全然違ってきます。

逆に今まで似合わなかった色も似合うようになったり、新たな発見も出てきます。

 

人によって、肌の色みが全然違うので、一概にこの色にしてください!とは言えないのですが、、、

 

 

基本的にはトップスに、白や明るいベージュを選ぶと、光で肌のトーンを明るく見せてくれるので、誰でも失敗しにくい色となっています。

 

逆に避けたい色は、くすんだ色みのもの。濃いベージュなどです。

肌のトーンを暗くして実年齢以上に見られてしまいます。

 

くすんだ色みはトレンドカラーにもなっているので、そんなこと言っても取り入れたいカラーになりますよね?

 

そんな時は、下半身にくすんだ色みを持ってきたり、トップスで着たいときは、首周りに明るい色のストールやスカーフを合わせて、顔映りをよくする事がポイントです!

上品に見られるには露出度!

若い子なら、ノースリーブにミニスカートのコーディネートでも可愛らしい雰囲気にまとまりますが、40代がそんな格好をしていたもんなら、痛いくらいの周囲の冷ややかな視線攻撃にあってしまいます。

 

ある程度露出を抑えたほうが、上品さが出てきます。

 

ありがたいことに今年は、首周り、袖丈など、露出を抑えたコーデが人気です。

 

袖丈は、肘くらいまでの長さがあると、二の腕もカバーできるので、持っていると便利です。

袖丈を意識しつつ、バタフライスリーブや、パフスリーブの物をチョイスするとトレンド感も出るでしょう。

 

 

スカート丈は膝丈か膝下丈。

膝上になってしまうと、若さは出ますが上品さは欠けてしまいます。

 

脚がキレイだから短いの穿きたい!という人は、透け感のあるチュールのスカートを1枚上に重ねることをオススメします。

1枚重ねる事で、脚もよりキレイにみえて、オシャレ度もUPしますよ!

スポンサードリンク

まとめ

今回は、40代!より若く上品に見られるレディースコーディネート術とは?でした!

若い子のお店で洋服を買っても、自分に合ったコーデを知ることで、若作り感はなくなります。

自分に合うものを色々と発見をして、コーディネートを楽しんで行きましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です