【低身長・小柄】サイズのお悩み解決!失敗しないレディースコーデ

 

こんにちは!ショップ店員のsieです。

今回は、低身長、小柄の人のための失敗しないレディースコーディネートのポイントをご紹介していきます。

私は真逆のデカ子なので、小柄な人を見ると、かわいいな~と、いつも羨ましく思います。

そんな可愛らしい低身長、小柄な人たちならではのお悩みを解決していきましょう!

スポンサードリンク

【低身長・小柄】の人のお悩みあるある

  • サイズが合わない(大きい)
  • トップスの着丈、袖丈、すべてが長い
  • 洋服に着られている感じがでてしまう

今回は私がショップでよく聞く3つのお悩みについて注目していきましょう。

【低身長・小柄】失敗しないコーディネートとは?

まず、低身長や小柄な人のコーディネートで1番重要なのは、バランスです。

バランスが悪ければ、いくらピッタリサイズを着ていても、体に合っていない物を着ている印象を与えてしまいます。

 

バランスの良いコーディネートが出来ていれば、ゆったりサイズを着ていても、オシャレな印象を与えることが出来ます。 

 

例えば、ボリューム感のあるフレアのスカートを穿きたいのであれば、トップスにタイトな物を持ってくれば、メリハリが出てバランスよくまとまります。

 

トップスにふんわりした物を合わせたい場合は、ウエストに前だけインしたりして細い部分を出しましょう。

ウエストラインを出すことでスッキリとしたコーデにまとまりますよ!

サイズが合わない、着丈、袖丈が長い、洋服に着られている感じの解消方法は?

一番簡単にスッキリ見せる事ができるのは、袖丈を調節することです。

 

例えば、長袖のシャツを小柄な人が着ると、袖口から指先しか出ていなかったり、手が丸々隠れてしまっている場合があったりします。

わかりやすくいうと、お父さんのシャツを着た子供のイメージですね。(笑)

 

そんな場合は、手首が見える長さ、もしくは肘あたりまで袖口をロールアップすることで、スッキリ感が出て全く違う印象になります。

お父さんのシャツも、自分のシャツに変身させることができちゃいます。

 

着丈は同じでも、袖丈を変えるだけで印象がとても変わるので、面白いですよ!

 

カジュアルなTシャツでも、袖丈を2~3折ロールアップすることで見た目のサイズ感は解消されます。

袖丈が解消されれば、着丈もサイズ感も気にならなくなるパターンが多いです。

 

パフスリーブなど袖にデザインのあるものは、ロールアップが出来ないので、そんな時は、裾を少しインしたり、ベルトで絞ったりすることで解消されます。

 

袖ロールアップ、裾を前だけ少しイン(片方のサイドインでもOK)の2つテクニックを覚えるだけで、コーディネートの幅がすごく広がり、これとこれも合うんだ!と新たな発見も出てきます。

 

このテクニックは小柄な人だけでなく、デカ子の私もよく使っている便利なテクニックです。

私の場合は体を大きく見せないようにするために使っていますが(笑)

 

ノースリーブのワンピースなどは、袖丈の調節が出来ないので、ウエストに太めのベルトなどでアクセントを付けると、洋服に着られている感じもなくなります。

 

ウエストが絞られていれば、小柄な方でもロングワンピースが重たくならず、オシャレな着こなしにまとまります。

手首を見せる、足首を見せる、ウエストを絞る、のどれかを取り入れるとスッキリするので、是非試してみてください。

スポンサードリンク

まとめ

今回は、【低身長・小柄】サイズのお悩み解決!失敗しないレディースコーディネートでした。

最近では小さいサイズ専門のショップが増えてきましたが、一般的なショップではまだまだフリーサイズのものが主流です。

自分に100%合うものを探すとなると、オーダーメイドじゃない限りかなり難しい話になってきます。

ちょっとした簡単テクニックを取り入れることで、今まで諦めていた洋服も気分良く着ることが出来ますよ!

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です