【天才】高橋留美子の絵が下手になったのはいつから?劣化がヒドイとの声!

高橋留美子

「めぞん一刻」「うる星やつら」「らんま1/2」でお馴染みの漫画家の高橋留美子さんが、2019年1月24日から開催されている第46回アングレーム国際漫画祭でグランプリを受賞しました!

 

もう40年くらい漫画を書き続けている大先生ですね!

2019年春からは新作の連載が決定したとのことで、楽しみです♪

そんなグランプリを受賞された天才の高橋留美子先生の絵が下手になったと噂になっています!

いつ頃から下手になったのか、気になる情報を探っていきましょう!

スポンサードリンク

【天才】高橋留美子の絵が下手になったのはいつから?

高橋留美子

噂によると絵が下手になったというのは、週刊少年サンデーに連載していた「犬夜叉」(1996年~2008年)の後半から、「境界のRINNE」(2009年~2018)ですね!

どちらもかなり長期に渡っての連載ですね!

  • 人物の顔の書き方がシンプルになった、犬夜叉後半では顔が横長になり下手になった
  • 身体のラインがなめらかではなく直線的になった
  • らんまに比べて犬夜叉は背景がシンプルになった

犬夜叉後半から絵のタッチが変わったことで、あれ?と思った人が多かったようです。

その前のらんまと比べて、シンプルな描き方で手を抜いていると感じた人もいたようです。

高橋留美子 高橋留美子

今までの絵のタッチでは、顔や身体のシルエットがなめらかに描かれていますね!

いつもの見慣れたタッチです!

 

下手になったと言われる「境界のRINNE」です。

↓↓↓

高橋留美子

高橋留美子

見比べてみると、確かに顔が横長になっています!

脚のラインも直線的ですね!

顔が横長になるだけで随分印象も変わるものですね♪

 

手を抜いた、下手になったというより、物語によって描き方を変えているようにも感じます。

前作とイメージを変えるため、新鮮さを出すためなど、色々と工夫されているのかもしれません。

 

アシスタントの方が変わったりして、絵を上手く再現できていない可能性もありますね!

締切に追われてちょっと簡易的になってしまうのも仕方がないようにも思いますが。。。

 

何よりこれだけ長く作品を生み出していることが凄いことだと思います!

スポンサードリンク

劣化がヒドイとの声!

スポンサードリンク

やっぱり天才の声!

スポンサードリンク

まとめ

【天才】高橋留美子の絵が下手になったのはいつから?劣化がヒドイとの声!でしたー!

今後の新作も楽しみですね♪

身体に気をつけて頑張って欲しいです♪

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です